シニア空手道場

 

60歳位から始めるシニア世代のための空手道クラスです。

松濤會の空手は、武術としての空手道を追求しており、試合は一切行いません。

基本技と型が中心の稽古で安全です。

空手の稽古は、有酸素運動であり、左右対称の体幹トレーニングです。

武術を身に着けながらできる健康のためのエクササイズとしても有効です。

年2回行われる当道場行われる審査会で、級位や段位を取得することもできます。

見学・体験は無料ですので、お気軽にお越しください。

 

稽古日時
毎週 水・金曜日 午前11時~午後1時

 

費   用
入 会 金 10,000
月 謝  3,000
空手着・帯 代(松濤會ロゴ・名前入) 10,000
スポーツ安全保健 年間(固定)掛金 1,850

※松濤館では稽古中、道場への行き帰りの際、万が一の怪我等に備えて「スポーツ安全保健」に加入しております。

 

入門者のレビュー 

安田善美さん(60歳)司法書士 平成27年11月13日

「第二の青春」

私のスポーツ経験は、中学・高校の時はバスケットボール、大学の時は2年間程、ボクシングジムで練習生として汗を流しました。当時ジムには、具志堅選手を含めて世界チャンピオンが2名、後に世界チャンピオンとなる渡嘉敷選手等が在籍していました。この頃が私の第一の青春期だったと思います。その後は、現在まで体を動かすことはほとんどしなかったため、五十肩や暴飲暴食によりメタボに悩まされておりました。このままでは廃人になると思い、有酸素運動であまり無理をしないで体にいいものはないかとパソコンで検索したところ、日本空手道松濤曾本部道場松濤館のシニアクラスが目に入りました。

早速連絡をしたところ、指導員の先生から体験か見学のご案内を頂き、後日 道場を訪問しました。ここでも先生方から、空手は年配者でもできること、そのためにシニアクラスもある等のご説明があり、意を決して入会しました。齢60からの第二の青春への突入です。先日、入門間もないにもかかわらず、昇級審査を受けさせていただきました。審査員の先生方が多数いる凛とした雰囲気の中での型・蹴りを、落着いて、力を抜いて行うことの難しさを知らされました。また、審査会後の懇親会では、皆様と一杯酌み交わしながら色々な話題で盛り上がり楽しい思い出となりました。

私は、5年前から書道の「楷書・行書・草書・かな」を勉強中です。松濤曾空手を修行することにより、書及び空手の文武の両道の深淵に少しでも近づけるように精進したいと思います。

皆さんも一緒に松濤曾空手で第二の青春を謳歌しませんか。

Today is the first day of the rest of your life

 

西口晴通さん(71歳)平成28年2月19日

「70代の楽しき挑戦」 ~代謝機能アップ?~

私は平成27年12月に入門させていただき、まだ3ケ月にも満たない新参者です。入門のきっかけは、区の生涯学習センター掲示板の『シニア空手道場 生徒募集中! 60歳位から始めるシニア世代のための空手道クラスです・・・・・・・』の貼り紙でした。60歳をとうに過ぎた身には少々無理かと思いましたが、“思い立ったが吉日”と躊躇しながらも門を叩きました。

指導員の先生の第一声は「高齢者でも安心して出来ます。」との優しいお言葉、お話を伺いながら見学し、後日体験を通じて入会しました。まずは3ヶ月と心に決めスタートしましたが、稽古は“見る”と“する”とは大違いでした。しかし、高段位の先生方の手取り足取りのご指導のお蔭で楽しく続けてこられています。この先も、ゆっくり一歩ずつ精進出来ればと思っています。

10年程マリンスポーツを楽しんできましたが、そろそろ海から離れようかと思案していた時、偶然にも空手に、新たな楽しみに出会いました。いつまで続けられるか分かりませんが空手道の奥深さに謙虚に向き合いながら、少しでも長く楽しみたいと願っています。

 

日本空手道松濤會 本部道場 松濤館